産後ダイエットなら母乳育児

過度なダイエットより母乳育児が最高のダイエット

ダイエットプーアル茶

妊娠中に標準よりも大幅に体重が増加してしまったという人は多いのではないでしょうか?

 

特にその傾向は初産婦さんによく見られます。

 

私自身、初めての妊娠で妊娠前と比べて出産時には18s太ってしまいました。

 

これはやばい!出産したら即ダイエットしないと!と思っていましたが産婦人科で母乳をあげている間は沢山食べても太らない、変にダイエットするくらいなら母乳をたくさん赤ちゃんにあげてください。と教えられました。

 

そのほか、母乳育児にはたくさんのメリットがあることを知りました。

 

  • 赤ちゃんを病気から防ぐ
  • お母さんの子宮の収縮を促進させる
  • 母子のスキンシップになる

 

などなど。

 

どうして母乳育児はダイエットになるかというと、母乳を作るのに相当なエネルギーが必要だからだそうです。また母乳をあげているとやたらと喉が渇きます。

 

母乳外来の先生には一日2リットルは水分を摂ってくださいと言われました。

 

それだけ毎日体の中の水分が入れ替わっているということですからやはりダイエット効果があるのも納得です。

 

どれだけ体重が減ったかというと、18キロ増えた体重が出産で5キロ、産後2週間でさらに6キロ減りました。

 

また良質な母乳を出すために、食べ物にも気を遣います。脂っこいものは乳腺炎になりやすくなるので避け、主にタンパク質は大豆系食品や魚から摂るようにしています。

 

それもまた、ダイエットに繋がっているといえます。

 

ただ、完全母乳というのはなかなか大変ではあります。私は自宅で仕事をしているので3時間おきに母乳をあげることは可能ですが、産休を終えて働きに出ないといけない人は難しいかもしれません。