ルイボスティーはノンカフェインなので妊娠中でも飲める!

そもそもルイボスティーはどう体に良いのか?

 

<↑ティーライフ株式会社のルイボスティは美味しくてコスパが良い!詳細はこちら↑>

 

ルイボスティは南アフリカの一部の地域の実に育つ植物で、その葉を乾燥、発酵させて作られたお茶です。ルイボスティを美容目的で飲んでいると言う人も少なくありません。

 

それはスーパーオキシドジムスターゼと呼ばれる抗酸化成分が含まれていて体内の活性酸素を除去して、身体の免疫力を高め細胞の新陳代謝を促してくれる効果があるからで、その他にマグネシウムやカリウムなどのミネラルやビタミンC,カルシウムなどの成分のバランスよく含まれているので肌荒れの改善やアンチエイジングに効果があるからなのです。

 

また美容効果だけが得られるのではなく、身体にも良い効果効能があります。

 

どのようなものかと言うとルイボスティにはフラボノイドが含まれているため、ストレスを抑える効果が高く、その他にも含まれる亜鉛やマグネシウム、セレン、ビタミンB 1やB2などの効果で身体のエネルギー活動を活発にしてくれるので内側から温めることができ気分が落ち着くことで安眠効果が得られたり、ミネラルが豊富に含まれているので肝臓の働きを助けてくれるため二日酔いの予防や改善効果やスーパーオキシドジムスターゼが腸内をきれいにしてくれるので善玉菌の働きを促し、マグネシウムが腸の中の水分を集める働きをすることで腸内環境が改善されるため便秘や下痢の改善効果などがあるとされています。

 

またポリフェノールやケルセチンと言った成分がアレルギー反応を引き起こすヒスタミンを抑える働きをするため花粉症などで起こるくしゃみや鼻水などを軽減する効果などもありルイボスティは体に良い効果効能があるとされています。

 

カフェイン0なので妊婦さんでも安心して飲むことができますよ!

ティーライフのルイボスティーを飲んでみた

ティーライフ株式会社のルイボスティーを試してみました。

 

前からティーライフのお茶は美味しいと聞いていましたし、ルイボスティーは抗酸化力が高いので美容にいいと思ったのです。
実際に飲んでみると、紅茶に近い感覚ですが、紅茶よりも優しくて胃がキリキリしません。
カフェインを含んでいないので、夜寝る前に飲んでも大丈夫です。

 

他社のルイボスティーも飲んだことがありますが、ティーライフの商品はとにかく色が濃いのです。
蒸気殺菌処理をすることで、成分を高濃度で抽出することが可能になったそうです。
味も濃いですが、ノンカフェインなので胃腸に優しいのがわかります。
麦茶のようにガブガブと飲めるので気に入っています。
今までは緑茶を飲んでいましたが、カフェインが多く含まれているので胃がキリキリすることがありました。
特に空腹時に飲むと胃に負担がかかる感じがありましたが、ルイボスティーはまったく問題ありません。
紅茶からカフェインを取り除いて、クセをなくしたような飲み口です。

 

続けて飲むようになってから、お肌の調整がよくなってきました。
お肌が安定して、カラダの内側から綺麗になった感覚です。
抗酸化力が高いためから、以前よりも口内炎ができにくくなったと感じています。
健康によいお茶であることは、毎日飲んでいればカラダが教えてくれます。
人間のカラダは正直なもので、健康に悪いものは受け付けないのです。
逆に健康によいものは、毎日飲んでいてもカラダが自然と欲します。

 

ルイボスティー